助産院と病院との連携

助産院というところは、医療行為を行うことが出来ません。

医療行為を行うには、個人で開業している産院や、産婦人科のある総合病院などに限られます。

妊娠中、何か検査が必要になった場合や、分娩時に異常があった場合は、助産院でのお産は諦めなくてはいけないのが実情です。

助産院は、近隣の病院と連携しています。

妊婦さんに何か医療行為が必要になった場合、その連携している病院での受診が必要になってきます。

ですから助産院での出産を希望される方は、連携している病院についても事前に調べておきましょう。

食事の面、費用の面、小さな子供さんが居る場合には、病室に入ることが出来るのか。

面会時間も、病院によって厳しいところと、あまりそうではないところがあります。

自宅から病院まで、どれくらいの距離があるのかというのも、ポイントになると思います。

もし万が一、病院でお産になってしまったら、自宅から病院までは近い方が良いですよね。

渋滞している時間帯と、そうではない時間帯で、移動時間にどれくらいの差が出てしまうのかも、調べておいて損はないと思います。

これまで順調に妊娠ライフを送ってこられたあなた。

全ての助産院は正常分娩と新生児の取り扱いしか出来ないため、医療機関を行うことが出来る病院と連携をしています。

もちろん、何も異常がないことが、ご家族にとっても、お腹の赤ちゃんにとっても一番なのですが、そうではない場合もありますよね。

助産院から病院へ搬送になった場合は、紹介状を書いてもらい、病院までは、助産師さんが付き添ってくださる場合が殆どです。

不安をと取り除くために、しっかりと寄り添ってくださるということですね。

そして、異常なく助産院での出産が可能な方も、複数回は連携している病院での診察が必要になります。

医療行為を行うことが出来ない助産院ですが、赤ちゃんを迎え入れるために、正常分娩が出来るよう、日頃から色々な相談にも乗っていただけますし、妊婦さんに合った食事指導や、運動についての教室もあります。

どのようなケースになっても、生まれてくる赤ちゃんが安心して外の世界に出てこられるような環境作りは、大切だと思います。